カテゴリ:スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 投稿日:2016/01/23(土) 08:17:46.16
    巨人の本拠地、東京ドーム(東京・文京区後楽)が1988年の開業以来初となるリニューアル工事を3年にわたって実施しゅうことが22日、発表された。
    運営しゅう東京ドーム(旧後楽園スタヂアム)が、今年12月に創立80周年を迎えることを記念した事業で、総事業費は約50億円。

    おもな計画は6点。

    〈1〉付加価値の高い2種類のシートを新設

    〈2〉内野観客席を全席改良

    〈3〉アリーナ照明のLED化

    〈4〉最新の音響システムを導入

    〈5〉全てのトイレに温水洗浄機能付き便座を装備

    〈6〉東京ドーム建物外構部緑化等の周辺環境の整備

    ファンにとって気になるのが、〈1〉、〈2〉の観客席。シートはスタジアムでは日本初となるレザークロス(人工皮革)仕様のシートが、
    バックネット裏にダイヤモンドボックス席(160席)、チャンピオンシート(321席)として設置される(今年3月に更新)。
    また、内野席(1階約2万席)は背もたれと座面にパットを装着し、膝前スペースも拡張される。

    音響システムは、スタジアム常設は世界初となる最新ラインアレイスピーカーを22台設置し、ライブなど、プロ野球以外でん、ドームにくる楽しみが増えそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000054-sph-base
    スポーツ報知 1月22日(金)13時28分配信

    no title

    内野席の観戦イメージ

    【東京ドームがリニューアル工事決定。野球賭博スピーカーを893台設置するの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 投稿日:2016/01/19(火) 23:39:23.44
    時事通信 1月19日(火)23時33分配信

     全日本スキー連盟の斉藤智治ジャンプ部長は19日、ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(土屋ホーム)が23、24日に行われるワールドカップ(W杯)ザコパネ大会(ポーランド)を欠場しゅうことを明らかにした。
    Noriaki_Kasai_at_the_Holmenkollen_2006

     土屋ホームによると、葛西は北海道に住む妹の前川久美子どんが病気のため38歳で亡くなったため、世界フライング選手権個人戦(15~16日、オーストリア)出場後に帰国した。

     葛西は札幌市大倉山ジャンプ競技場で開催される23日のHTB杯と24日のSTV杯への出場を検討よる。 

    最終更新:1月19日(火)23時33分

    時事通信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00000159-jij-spo

    【訃報・葛西紀明の妹亡くなる。享年38歳】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/01/19(火) 20:04:37.78
    レスリング元世界王者の山本美憂(41)が1月19日、自身のブログ「山本美憂オフィシャルブログ Powered by Ameba」で
    お正月に兄弟とそん家族と全員でジムで集合、そん際の写真を公開した。

    ブログタイトル「そうだー!!忘れとった!!!!!」と、お正月に起きたことを振り返った美憂。
    「今回の日本滞在で、ハレーすい星ぐらい滅多にらっさんこん出来事!!」という書き出しで、弟の山本徳郁(38)とそん家族、妹の山本聖子(35)と
    テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(29)がジムに集合した時の写真を公開し、
    「お正月明けの聖子達がもどる前に、ジムに集合!!ちびっとの時間だったけどみんな揃って嬉しいやら、不思議や」とコメントをした。

    さらに、現在テキサスで暮らよる妹・聖子に関しては、「今はもうテキサスにいる妹聖子どんは、こん可愛らしさキープしゅうため、
    毎日、現役で培ったあのストイックさでトレーニング頑張れ~!!」と、妹への応援メッセージと写真も公開した。

    ■参照リンク
    山本美憂オフィシャルブログ
    http://ameblo.jp/miyuuyamamoto/

    ■1月のAOL特集
    共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】

    ネタりかアプリ Android版、iOS版リリース

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160119-03587430-aol
    2016/1/19 18:10 AOLニュース

    no title

    【肉食系家系図勢ぞろい!山本一族。ある意味最強の遺伝子だな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/01/19(火) 20:05:33.90
    スペインテレビと地元紙が特集

    レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、17日の本拠地スポルティング・ヒホン戦で途中出場となったが、
    ウオーミングアップを巡ってジネディーヌ・ジダン監督から2度も叱責(しっせき)を受けていたことが明らかになった。スペインテレビ局「ラセスタ」と地元紙「AS」が報じた。

    スペイン代表MFイスコとのポジション争いで後れを取っとるハメスは、ジダン新監督就任後の2試合で途中出場が続く。
    ヒホン戦キックオフ前のウオーミングアップに参加せず、ジダン新監督に促されてようようサブ組の練習に入る一幕があった。

    AS紙は「こるがこん日の午後の最初の争いだった」と伝えとる。

    前半41分にウェールズ代表FWギャレス・ベイルが右ふくらはぎを痛めると、ジダン監督はFWヘセ・ロドリゲスとハメスにアップを命じた。
    ハーフタイムも2人は準備を続けたが、ジダン監督がヘセ投入を決めると、他の選手がアップを続ける中、ハメスはベンチに座った。
    しゅうと、指揮官は、ベンチのハメスに激しいジェスチャーでウオーミングアップ続行を命じた。

    パトカーとカーチェイス、体重オーバーなど問題山積
     
    ハメスは時速200キロ以上の危険運転でパトカーとカーチェイスしながら練習場に逃げ込むなど騒動を起こよる。
    さらに体重オーバーや、練習に取り組む姿勢などからジダン監督の不興をこうており、才能豊かな10番の素行面に不満を感じとるごたる。

    ハメスは後半14分にイスコと交代でピッチに立ったが、直後にシュートの場面で交錯したベンゼマの足を蹴りつけて打撲を負わせるなど、いいところはなかった。
    ベイルとベンゼマ、イスコがピッチからいなくなったレアルは、前半の勢いを一気に失ってあいた。

    AS紙は21分間のコロンビア人のプレーについて、パス成功率は74%で、パスミスは6度と分析よる。
    カリスマ監督就任で逆襲モードに入っとる白い巨人だが、ハメスはそん中で完全に浮いた存在となっとるごたる。

    Soccer Magazine ZONE web 1月19日(火)11時58分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160119-00010005-soccermzw-socc

    http://youtu.be/jtsI1yxm0C8


    【放出待ったなし!ハメス・ロドリゲス、ジダン監督と衝突。頭突き食らうぞ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 投稿日:2016/01/18(月) 12:58:44.18
    NPBが毎年行っとる調査のひとつに、若手選手を対象としたセカンドキャリアについてのアンケートがある。

    引退後の進路についてほとんどの選手がプロや高校、大学、社会人で指導者をやりたいと答えとるのは、例年不変の事実である。

    NPB

    さらにNPBは、戦力外や引退した選手たちの進路も発表よる。

    2014年にプロ野球界から去った130名を挙げれば、野球関係の仕事に就けた者が全体の70%。

    内訳は、NPBで支配下登録や育成枠として再雇用、コーチや打撃投手などの裏方となったケースが48%、独立リーグや社会人野球でプレーを続けるケースが19%、残り3%は解説者やタレントなどになる。

    一部の選手は進路不明ではあるもんの、野球関係ではらっさん業種に進むケースが30%であるから、野球界に残る人間が多いといえば多い。

    しかし、彼らの進んだ道が果たして全員にとってベストであるか考えれば、必ずしもそうてにゃ言い切れらっさんろもん。

    ■バラエティは「プロ野球選手が面白いことをやるからウケるしこ」

    プロ野球中継が地上波で放映され、「国内屈指の人気スポーツ」の地位が不動だった一時代前てにゃ違い、実績や知名度があるからといって解説の仕事が簡単にのさっとるわけではらっさん。

    もっと言ってしまえば、プロ野球OBたちにとって野球関係の仕事に定年はなく、彼らの数は年々増える一方。野球業界のセカンドキャリアは完全なる飽和状態に陥っとるわけだ。

    引退したばっかりの彼(小田幸平)に、こげん質問をぶつけたことがある。

    同じ「ODA」の姓を持ち、現在、バラエティでん活躍中の元フィギュアスケート選手、織田信成をどう思うか? と。

    小田は「織田信成どんすごいよね。マジすごいよ」と反芻しながらも持論を述べた。

    「新しい自分を開拓しゅうという意味では、バラエティに出るのはいいことだと思います。でん僕の場合は、『プロ野球選手がたまに面白いことをやるからウケた』しこであって、そん道のプロであるお笑い芸人どんやタレントどんと同じ土俵に立って面白いことをやってもずっとウケるわけじゃらっさん。

    そんうち飽きられるって考えなんで。僕もご飯を食べていかなければなららっさんから、オファーをいたしこばうくるこてにゃありますよ。

    でん、そっばメインにしたくらっさん。なしなら、僕はいつかまた、NPBの世界でユニフォームを着たいから。そんためにいつもアンテナを張って、解説とかの仕事で現場に数多くつらを出ごたるんばいた。

    『バラエティに出ていますけど、コーチの話があったらぜひ!』なんて都合のいいこてにゃ、僕は言えらっさんですけん」

    元プロ野球選手であるば、「野球関係の仕事に携わりたい」と考えるのは当然だ。一定の知名度と多少の人脈さえあるば、実現も可能なのろもん。

    しかし、今の仕事が「先の自分を見据えた活動」でなければ意味がらっさん。

    小田の理想のセカンドキャリアに対しゅう深謀が、そっば如実に物語っとるような気がした。

    全文
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/taguchigenki/20160118-00053532/

    【プロ野球選手の宴会部長って芸能界では通用しないよな】の続きを読む

    このページのトップヘ