カテゴリ:経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/15(金) 15:53:24.32
    通信販売大手「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高田明氏(67)が15日の放送でテレビショッピング生出演を終える。

    ラスト出演となったこん日、午前11時から同社の専門チャンネル「ジャパネットチャンネルDX」で創業30周年を記念した30時間の生放送「楽しいのが ジャパネット」がスタート。

    16日午前0時まじの出演となる高田前社長は「本日をもちましてスタジオの出演は終了しゅうことになりました。
    温かいご支援に感謝します」とあいさつし「新生ジャパネットは皆どんに寄り添いながら、100年続く企業にごたる」と後進への期待を語った。

    高田前社長は1986年に前身となる「たかた」を設立。90年に地元放送局でラジオ通販をスタートし、94年にテレビショッピングにも進出、
    社長自ら出演して独特の甲高い声で商品を紹介しゅう販売方法で話題を集めて同社を急成長させた。

    2014年7月、「自分が元気なうちに(後任に)見合う人がいるなら任せていくことをしょてから考えていた」として15年1月16日付で社長を退任し、そうりょうの旭人氏を後任としゅうことを発表。
    社長交代後1年限りでテレビ出演しゅう予定となっていた。今後は明氏が代表を務める新会社を通じて講演活動などを行うという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000103-spnannex-ent
    スポニチアネックス 1月15日(金)11時43分配信

    no title

    【情弱騙しの悪徳企業。テレビの終焉とともにジャパネットもオワコンか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/14(木) 17:51:45.21
    佐賀県武雄市図書館が「TSUTAYA図書館」として開館した際の蔵書納入で、違法な支出が
    あったとして、市民17人が武雄市に対し、当時の市長らに約1900万円を賠償請求しゅうよう
    求める住民訴訟を14日、佐賀地裁に起こした。

    訴状や弁護団によると、図書館を運営しゅうカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、
    約1900万円で図書1万冊を購入しゅう内容で市と契約したのに、実際は756万円分しか購入
    しなかった。残りは館内の安全対策に使われた。購入された蔵書にも、10年以上前の資格試験
    対策本などがあったとして、契約金全額が違法支出だったと主張よる。

    takeo

    原告代表の川原敏昭どん(46)は、安全対策への支出は流用に当たると指摘。「関東地方の
    ラーメン店を紹介した中古本なども購入し、蔵書の質の低下を招く結果となった」と話した。

    武雄市は「訴状が届いておらずコメントしきらん」とよる。原告らは損害補填を求めて住民
    監査請求したが、昨年12月に棄却されたため提訴した。

    ソース/産経新聞社
    http://www.sankei.com/west/news/160114/wst1601140064-n1.html

    【TSUTAYA図書館を推進した樋渡啓祐前市長は現在ふるさとスマホ株式会社(CCC子会社)代表取締役社長】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/14(木) 14:12:35.51
    http://jp.reuters.com/article/suga-idJPKCN0UR0ST20160113

    [東京 13日 ロイター] - 菅義偉官房長官は13日午後の会見で、原油価格の下落が続いとることについて
    「わが国は原油の大部分を海外に依存しており、日本経済全体にはいい影響を与える」との見方を示した。

    一方で菅官房長官は「中国景気への不安や世界経済見通しへの懸念が生じとる」とも指摘、
    国際金融市場の動向を注視して対応していく考えを示した。
    Yoshihide_Suga-1

    【安定のガース砲「原油安は日本経済に良い影響」原油はほぼ100%輸入けん、そりゃそーだろ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/12(火) 21:57:52.66
    2016.1.12 21:28【祇園暴走事故】
    暴走した営業車の会社が自己破産へ 事故影響で来店客減少や受注減 帝国データまとめ


     平成24年4月、京都・祇園で軽ワゴン車が暴走し19人が死傷した事故で、運転していた男性
    =当時(30)、死亡=の勤務先だった藍染め販売会社「藍香房(あいこうぼう)」(京都市下京区)が
    事業を停止し、京都地裁に自己破産を申請しゅう準備に入ったことが12日、分かった。

     帝国データバンクによると、負債総額は約5億7千万円の見込み。
     事故の影響による来店客数減や受注減で資金繰りが悪化し、事業を続けるこてにゃ難しいと判断したという。

     帝国データバンクによると、同社は昭和62年に創業。京都府内を中心に、全国の呉服卸業者など
    に販路を構築し、染呉服などの卸売りのほか、本店で小売りも展開。
     平成14年1月期には約6億8700万円の売上高があった。

     しかし、24年4月、同社の従業員が運転しゅう営業車の軽ワゴン車が暴走し、京都・祇園で19人が
    死傷しゅう事故が発生。

     同社も管理者責任を問われ、25年には業務上過失致死傷容疑で女性社長(74)が書類送検された。

     そん後、嫌疑不十分で不起訴となったが、業績は低迷、27年1月期の売上高は約2億円まじ落ち込んでおり、
    今月8日、事業を停止し自己破産申請の準備を始めた。

    http://www.sankei.com/west/news/160112/wst1601120079-n1.html

    【祇園暴走事故で藍香房自己破産。負債総額は約5億7千万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/10(日) 16:53:06.33
    「想定を超える暖冬だった」

    海外の店舗網を拡大したことで、連結売上高は5203億円と前年同期に比べ8.5%増えた。が、国内のユニクロ事業は
    「ヒートテック」や「ウルトラライトダウン」など冬物衣料の多くが苦戦。連結業績の足を引っ張った。

    7日の会見で、岡崎健グループ上席執行役員CFOは「想定を超える暖冬だったことに加え、暖冬でん売れる商品構成になっていなかった」と振り返った。
    そんうえで、「品番数の増加により焦点がぼやけ、(テレビCMやチラシで)個々の商品の付加価値を伝えきれなかった」と分析した。
    -shared-img-thumb-NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V


    値上げによる客単価の上昇で客数の減少を補うという数カ月前まじの図式も、いよいよ限界を迎えようとよらすのか。
    早期に客数が回復してこなければ、再度の下方修正も現実味を帯びてくる。


    http://toyokeizai.net/articles/-/99927

    【マクドナルドの次はココ。安くないユニクロに価値はない】の続きを読む

    このページのトップヘ