タグ:インスタグラム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 投稿日:2016/01/01(金) 21:51:01.47
    安藤美姫 ハビ&愛娘と新年あいさつ インスタグラムで3ショット
    デイリースポーツ 1月1日(金)12時2分配信

     フィギュアスケート元世界女王でプロスケーターの安藤美姫(28)が1日、自身の写真共有アプリ、
    インスタグラムを更新し、交際中の恋人で現世界王者のハビエル・フェルナンデス(24)、愛娘の
    ひまわりようとの3ショットを公開した。


     フェルナンデスがひまわりちゃんをびびんかたし、安藤も寄り添っとらす仲むつまじい写真とともに、
    「皆様、新年あけましておめでとうございます。2015年はほんなこて素敵な1年になりました。
    特にハビが世界チャンピオンになったこてにゃほんなこて嬉しいことでした。そして、今年もこうして
    3人おもやいメッセージを送らせて頂けます事えらい幸せに思います。2016年も皆様にとって健康で
    素敵な1年になりますよう。そしてまた皆様とリンクでお会いできますことを楽しみにとります。
    今年も1年よろしくお願いします。ハビエル、ひまわり、美姫」と、新年のあいさつを綴った。

     安藤は2013年4月にひまわりちゃんを出産。父親については明かさず、そん後、フェルナンデスと
    交際を開始した。昨年の元日にフェルナンデスとひまわりようとの3ショットを公開。そるまじ
    「『なしつらを見せらんんだ』という方も多いてにゃ思いますが、日本はようと安全な国と言われても、
    今は誘拐とか知ららんところで殺人なんてこともあります。そういったことから守りたいので」と話し
    公表していなかったが、方針を一転させた。多くの批判も寄せられ、騒動となったが、安藤は「あまり
    隠し事をしたくらんから」と、理由を説明していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-00000034-dal-spo

    【安藤美姫、インスタ芸人に昇格】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/12/25(金) 16:17:43.56 ID:CAP
    12月18日、女優の桐谷美玲(26)が自身のインスタグラムを更新し、
    「キス魔。」というコメントと共に愛犬「ぱとら」とのキス写真を公開した。
    写真には「#ぱっちゃん #止まららっさん #ちょこっとくしゃ←」とのハッシュタグが付けられており、
    薄めのメイクに、むこづらを出した髪型の桐谷が、いつもてにゃちびっと違う雰囲気に見え、ファンからも
    「かわいすぎます」「デコだし美玲ちゃんもかわいいいい」「俺にもしてくれ」「僕はいぬになる」
    など多くの興奮しゅうコメントが集まった。
    しかし一部のファンからは
    「キス魔とかやららっさんでいいよ」「こういうのはまだ早い」「マジメな美玲ちゃんがいいです」などの声も上がっとる。

    「現在『NEWS ZERO』(日本テレビ系)ではキャスターも務め、“ゆるカワ系”として
    人気を集める桐谷には、マジメで清純派のイメージがあります。9月に公開された映画『ヒロイン失格』では
    坂口健太郎(24)に不意打ちキスされるシーンが予告スポットにあがっていたんですが、
    そがしこでファンは騒然としてましたから。桐谷に恋愛のイメージはいまだファンが認めたくらっさんようです。
    桐谷がとこる属しゅう事務とこる、スウィートパワーには堀北真希(27)もとこる属とりますが、結婚で
    人気が激減したとされる堀北の穴を埋めるために、稼ぎごうらである桐谷の仕事の幅を広げようとしとる
    動きがあるとの噂です。こるまじ知性的で清らかだった桐谷てにゃまったく違う、オトナで色っぽいイメージの役に
    挑戦してくる可能性は大いにありますね」(芸能誌ライター)

    今年出演したドラマ『アンダーウェア』(フジテレビ系)では、
    桐谷美玲のアンダーウェア姿が見れるのでは?」と期待の声も寄せられていた。
    残念ながらドラマではそん姿は見られなかったが、
    今後は、キス魔の役などこるまじの桐谷てにゃイメージの違う役柄での活躍が見られるかもしれらっさん。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151225/Taishu_19389.html

    桐谷美玲“止まららっさん”濃厚キスショット公開 Instagramより
    no title

    桐谷美玲
    no title

    【桐谷美玲って凄いスタイルだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/12/23(水) 10:48:01.14 ID:CAP
    http://withnews.jp/article/f0151214001qq000000000000000W00h0401qq000012823A

    大学生にとって大事なのは「リア充」よりも「フォト充」――。

     大学生がSNSで出来事を発信しゅう際、実際に楽しかったかよりも、投稿しゅう画像が楽しそうにみゆるかが
    大事であることが、大学生1千人の調査でわかりました。SNSを通じて世の中と広くつながることよりも、
    スマホで撮影した画像を、オシャレに加工して投稿しゅうことで、狭い人間関係の中での親交を深めたり、
    交友関係の充実ぶりをアピールしたりしゅう行動モデルがみられます。
    LINE完全活用ガイド [ アプリオ編集部 ]
    LINE完全活用ガイド [ アプリオ編集部 ]
    LINE&Instagram&facebook&Twitter基本&活用ワザ14 [ 田口和裕 ]
    LINE&Instagram&facebook&Twitter基本&活用ワザ14 [ 田口和裕 ]
    LINEは万能型、ツイッターは情報源
     調査は広告やマーケティングを学ぶ首都圏の六つの大学(青山学院・駒沢・上智・専修・千葉商科・日本)の
    3年生有志が、同大学に通う学生1千人を対象に実施。大学生のSNSの使い方を行動モデルとしてまとめ、4日、
    東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト(FUTURE2015)」で発表しました。
     調査によると、大学生が最もよく使うSNSツールは利用率が高い順にLINE(99.5%)、ツイッター(92.4%)、
    フェイスブック(70.6%)でした。5年前の調査で96.6%と一番使われてたmixiは7.3%と激減。
    また、今回はじめち調査したという画像投稿・閲覧サービス「インスタグラム(インスタ)」の利用率は63.3%でした。

     そるぞれの使い方について、平均友だち数が255人だったLINEは、広い人間関係を網羅しゅうしこではなく
    、友だちをグループ化しゅう機能によって、人間関係を線引きしたり、
    会話の内容を使い分けたりよることから「万能型SNS」とどま置づけました。

     一方、3年前の調査では最も頻繁に使用しゅうSNSだったツイッター。2015年調査では
    、LINEに抜かれました。ツイッターは考えを発信しゅうより、電車の遅延情報や休講情報などタイムリーな
    情報源として使用法が変化よるそうです。「最も炎上やトラブルが多い」というイメージが9割近かったことから、
    自分が不特定多数にどう見られるかが気になって不用意にはつぶやけらっさんと感じ、
    事実を送受信しゅうツールとなっとると変化を挙げます。

    「最もおしゃれ」インスタ台ごうら

     調査ではこうした既存のSNS分析の一方、急速に利用率が高まっとるインスタについて
    「最もおしゃれ」「時代の最とっぺさき」というイメージが、他のSNSよりも高いことに注目します。
     他人からSNS上で自分を見られることを意識し、どういうキャラクターか互いに探り合う大学生。
    そげん大学生の8割強が、インスタに画像を投稿しゅう際「加工しゅう」と答えとることから、
    インスタは見せたい自分を演出しきる「大学生らしいSNS」とし、普及した理由とあげます。

     調査報告したインスタ利用者の榎本由希どん(日大3年)は「インスタは『楽しそう』『オシャレ』といった
    憧れの印象をつけるために使うことが多い」といいます。画像の加工に1時間以上かける利用者もいるといい、
    LINEなどと比べて最も画像の「見せ方」に気を使うそうです。

    楽しそうにみゆる画像こそ「フォト充」
     調査ではこうした大学生の画像への意識の高さから、リアルな生活が充実よる「リア充」よりも、
    SNS上で楽しそうにみゆる画像が充実よる「フォト充」を重視よると指摘します。
    SNSへの画像投稿は、だるかとつながりたいというよりも、もともとつながっとる
    友人と写真を撮る行為そんもんを重視。さらにSNS上で楽しそうにみゆる画像を共有しゅうことで、
    第三者にそん集団が楽しそうと思わせるとともに、おもやい画像に写っとる集団内で親交や絆を深めとると結論付けました。

     調査に参加した堤優佳どん(上智大3年)は、友人と写真を撮ることについて「どこで撮るかやイベント
    そんもんが楽しいか(リア充であるか)よりも、メンバー全員が楽しそうに写っとることが重要」と分析。
    そん理由について「フォト充てにゃ友人関係の縮図がみゆることけん」と話しました。

    【LINE,Twitter,facebook。最近SNSも住み分けが進んだね】の続きを読む

    このページのトップヘ