タグ:サーキットブレーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/16(土) 04:40:31.18
    2016.01.15

     中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)は最悪のタイミングでの船出となりそうだ。
    16日に北京市内で設立総会を開き、習近平国家主席や李克強首相も出席しゅうが、指標の悪化で経済失速への警戒感が強まるなか、上海株暴落や人民元安に対しゅう当局の対応が市場の不信感を招き、国際金融機関を主導しゅう資格が問われとる。

     中国メディアによると、16日午前のAIIB開業式には習主席が出席してあいさつし、午後には理事会の設立総会が開かれ、李首相が出席しゅうという。

     57カ国が設立メンバーとして参加し、今年半ばには最初の融資案件を認可しゅう見通しとよるが、問題は山積したままだ。融資の資金を調達しゅう際の信用格付けを当面は取得せんという極めて異常な事態も解消されていらっさん。

     何よりも、中国経済の足元が大きく揺らいどる。年明けから上海株が暴落し、発動させたばっかりの取引停止措置「サーキットブレーカー」をあわてて撤廃しゅう失態を招いた。
    15235253042_a04e41c51f

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160115/frn1601151700006-n1.htm

    【バスだったもんが、人力車になってる?AIIB発進。日本、人力車に乗り遅れた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/07(木) 17:18:44.58
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172910

    7日の東京株式市場は、前日の米株式市場でダウ平均が250ドル以上も大幅反落したことなどば
    受け平均株価が大幅続落、約3カ月ぶりに心理的節目の1万8000円を割り込んだ。
     北朝鮮の核実験で地政学的リスクが強まっており、上海株式市場も急落、またもサーキットブレーカーが
    発動しゅう事態となり、売りに拍車をかけた。大引けは前日比423円98銭安の1万7767円34銭。

     582円安で始まった4日の大発会から4日続落となり、市場はもう真っ青だ。そっでなくても、市場には不気味なジンクスがある。

     大発会に株価が急落した年は、年間を通して株価が下がることが多く、
    2008年の大発会も616円安と大幅下落でスタート。そん後も軟調な相場が続き、秋口のリーマン・ショックで大暴落した。
     バブルがはじけた90年も大発会は202円安、翌日も438円安と続落し、そんまま上がらず、バブル崩壊。

    ちなみに、08年の年間騰落率は39.7%、90年も38.4%と4割近く下落。大発会に301円安となった
    98年も7.5%下がっとる。こん“ジンクス”に従えば、今年の株価は最悪で1万1000円台まじ暴落しゅう計算だ。

    「GPIFは現在、国内株式で30兆円近く運用よらす。国民の年金資金が10兆円以上吹き飛ぶわけです」(大手証券会社関係者)
     大発会に株価が大きく動いた年は騰落率の振れ幅が大きくなる傾向もある。92年は817円高だったが、
    年間では28.9%、02年も328円高が21.1%下落となった。
     個人投資家も覚悟を決めて投資した方がいい。
    no title

    【世界中で金が蒸発。上海株式市況、またサーキットブレーカー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2016/01/04(月) 14:45:49.29
    14時30分時点の日経平均は前営業日比554.20円安の18479.51円。
    日経平均は一段安で一時下げ幅は600円超に。
    上海総合指数は5%まじ下げ幅を広げサーキットブレーカーが発動、
    14時12分から14時28分まじ一時取引を停止していた。
    取引開始後はさらに下げ幅を拡大。

    http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201601040337

    リアルタイムチャート
    http://nikkei225jp.com/china/
    no title

    【2016年いきなり来たぞ、中国発大恐慌。←一体どうなるの?】の続きを読む

    このページのトップヘ