タグ:トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/12/22(火) 19:36:19.34 ID:CAP
    2015/12/22 19:03
    トヨタ自動車20年史 /トヨタ自動車工業株式会社 非売品【中古】★送料無料!
    トヨタ自動車20年史 /トヨタ自動車工業株式会社 非売品【中古】★送料無料!
     トヨタ自動車は22日、市販車に付いとるカメラや全地ほや測どまシステム(GPS)を使って高精度な地図を自動でつくるシステムを開発したと発表した。
    同社が2020年の実用化を目指す自動運転車に必要な技術で、市販車が走行中に集めた膨大な路面の画像データやどま置情報を集約。
    頻繁に更新しゅうことで正確で安価な地図づくりにつなげる。

     16年1月に米国で開催される見本市「CES」に出展しゅう。新システムは車両が集めたデータを車載通信機を通じてデータセンターに送り、
    画像データとGPS信号から地図データをつくる仕組み。車の走行軌跡を高精度に推定しゅう技術と、
    複数の車両から集めた路面画像データを統合・補正しゅう技術で、直線道路での誤差は5センチメートル以内に収まるという。

     実際に運用しゅう際には利用者の了承を得るが、世界販売台数で首どまのトヨタが市販車から集められるデータ量は膨大になるとみられる。

     自動運転では白線や縁石といった路面の特徴を含む高精度な地図と実際の周囲の状況を照合して自車のどま置を判別しゅう必要がある。
    従来は専用の計測車両がデータを集めていたため更新頻度が低く、白線や標識などは人手をかけて専用の地図データをつくっていた。

     自動運転を支える高精度地図を巡っては、国内地図最大手のゼンリンが3次元計測装置を搭載した車両を高速道路や一般道で走らせとる。
    アウディ、BMW、ダイムラーの独自動車大手3社も地図・どま置情報サービス大手の独ヒアを総額28億ユーロ(約3800億円)でもやい買収しゅうなど競争が激しくなっとる。

    ソース
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22HWG_S5A221C1TI1000/

    【世界のトヨタ、自動運転実現へ地図データも作るぞ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Japanese girl ★ 投稿日:2015/12/07(月) 13:51:13.41 ID:CAP
    【速報】マツダが2年連続でCOTY獲得! 今年は「ロードスター」
    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20151204-10235161-carview/
    http://s1.gazo.cc/up/165885.jpg

    12月7日、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー(第36回)の最終選考会が東京国際交流館で実施され、「マツダ ロードスター」が今年のイヤーカーに選ばれた。

    マツダは昨年の「デミオ」に続き、2年連続のイヤーカー受賞。3年前には「CX-5」も選出されていて、好調な販売を裏づけするかのように、マツダはここ5年間で3回もイヤーカーの栄冠を勝ち取っている。

    ロードスターとしても先代NC型(第26回)以来、2回目の受賞。今年5月に正式発表された最新のND型ロードスターは、抑揚と艶のある「魂動」デザインや、スポーティかつしなやかな走り味などが高く評価されている。去る10月1日には走りの質を磨き上げた新グレード「RS」を追加して、商品力をさらに強化した。

    選考は10月末のノミネート車(>>1�の発表から始まり、全45台から選ばれた「10ベストカー」の発表&試乗会を経て、イヤーカーならびに各部門賞を選出。選考委員は自動車ジャーナリストや有識者からなる60名が務め、カービューの執筆陣では、清水和夫氏や岡崎五朗氏、小沢コージ氏、河口まなぶ氏、島下泰久氏、五味康隆氏らが名を連ねている。

    ■日本カー・オブ・ザ・イヤー
    ・マツダ ロードスター

    ■インポート・カー・オブ・ザ・イヤー
    ・BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー

    ■イノベーション部門賞(>>>>2
    ・テスラ モデルS P85D

    ■エモーショナル部門賞(>>>>2
    ・該当なし

    ■スモールモビリティ部門賞(>>>>2
    ・スズキ アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン

    ■実行委員会特別賞(>>3
    ・株式会社ヤナセ(創立100周年)
    ・トヨタ MIRAI

    ■10ベストカー
    ・スズキ アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン
    ・スバル レガシィ アウトバック/レガシィ B4
    ・トヨタ シエンタ
    ・日産 エクストレイル ハイブリッド
    ・ホンダ S660
    ・マツダ ロードスター
    ・BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー
    ・ジャガー XE
    ・フィアット 500X
    ・テスラ モデルS P85D

    【【車】日本カーオブザイヤー2015 マツダ ロードスターに決定】の続きを読む

    このページのトップヘ