タグ:フェイスブック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/14(木) 14:40:59.91
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/14/news085.html
    no title

     Facebook日本版に1月14日、「超いいね!」や「悲しいね」など、「いいね!」以外の
    5種類のリアクションボタンが新たに実装された。

     新たに加わったのは、ハートマークの「超いいね!」、笑つらマークの「うけるね」、目を丸くした「すごいね」、
    涙を流した「悲しいね」、怒った表情の「ひどいね」の5種類。スマートフォンでは長押し、
    PCからはマウスオーバーしゅうと、「いいね!」とあわせて6つのボタンが表示される。

     いいね!は、友達の投稿に1クリック(タップ)で共感を示せる機能だが、
    不幸な報告などに対して使うのには違和感があるとの声が寄せられており、同社が昨年10月から新ボタンをテストしていた。

    【そもそも、Facebookやめるのがトレンドだろう。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/12/23(水) 10:48:01.14 ID:CAP
    http://withnews.jp/article/f0151214001qq000000000000000W00h0401qq000012823A

    大学生にとって大事なのは「リア充」よりも「フォト充」――。

     大学生がSNSで出来事を発信しゅう際、実際に楽しかったかよりも、投稿しゅう画像が楽しそうにみゆるかが
    大事であることが、大学生1千人の調査でわかりました。SNSを通じて世の中と広くつながることよりも、
    スマホで撮影した画像を、オシャレに加工して投稿しゅうことで、狭い人間関係の中での親交を深めたり、
    交友関係の充実ぶりをアピールしたりしゅう行動モデルがみられます。
    LINE完全活用ガイド [ アプリオ編集部 ]
    LINE完全活用ガイド [ アプリオ編集部 ]
    LINE&Instagram&facebook&Twitter基本&活用ワザ14 [ 田口和裕 ]
    LINE&Instagram&facebook&Twitter基本&活用ワザ14 [ 田口和裕 ]
    LINEは万能型、ツイッターは情報源
     調査は広告やマーケティングを学ぶ首都圏の六つの大学(青山学院・駒沢・上智・専修・千葉商科・日本)の
    3年生有志が、同大学に通う学生1千人を対象に実施。大学生のSNSの使い方を行動モデルとしてまとめ、4日、
    東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト(FUTURE2015)」で発表しました。
     調査によると、大学生が最もよく使うSNSツールは利用率が高い順にLINE(99.5%)、ツイッター(92.4%)、
    フェイスブック(70.6%)でした。5年前の調査で96.6%と一番使われてたmixiは7.3%と激減。
    また、今回はじめち調査したという画像投稿・閲覧サービス「インスタグラム(インスタ)」の利用率は63.3%でした。

     そるぞれの使い方について、平均友だち数が255人だったLINEは、広い人間関係を網羅しゅうしこではなく
    、友だちをグループ化しゅう機能によって、人間関係を線引きしたり、
    会話の内容を使い分けたりよることから「万能型SNS」とどま置づけました。

     一方、3年前の調査では最も頻繁に使用しゅうSNSだったツイッター。2015年調査では
    、LINEに抜かれました。ツイッターは考えを発信しゅうより、電車の遅延情報や休講情報などタイムリーな
    情報源として使用法が変化よるそうです。「最も炎上やトラブルが多い」というイメージが9割近かったことから、
    自分が不特定多数にどう見られるかが気になって不用意にはつぶやけらっさんと感じ、
    事実を送受信しゅうツールとなっとると変化を挙げます。

    「最もおしゃれ」インスタ台ごうら

     調査ではこうした既存のSNS分析の一方、急速に利用率が高まっとるインスタについて
    「最もおしゃれ」「時代の最とっぺさき」というイメージが、他のSNSよりも高いことに注目します。
     他人からSNS上で自分を見られることを意識し、どういうキャラクターか互いに探り合う大学生。
    そげん大学生の8割強が、インスタに画像を投稿しゅう際「加工しゅう」と答えとることから、
    インスタは見せたい自分を演出しきる「大学生らしいSNS」とし、普及した理由とあげます。

     調査報告したインスタ利用者の榎本由希どん(日大3年)は「インスタは『楽しそう』『オシャレ』といった
    憧れの印象をつけるために使うことが多い」といいます。画像の加工に1時間以上かける利用者もいるといい、
    LINEなどと比べて最も画像の「見せ方」に気を使うそうです。

    楽しそうにみゆる画像こそ「フォト充」
     調査ではこうした大学生の画像への意識の高さから、リアルな生活が充実よる「リア充」よりも、
    SNS上で楽しそうにみゆる画像が充実よる「フォト充」を重視よると指摘します。
    SNSへの画像投稿は、だるかとつながりたいというよりも、もともとつながっとる
    友人と写真を撮る行為そんもんを重視。さらにSNS上で楽しそうにみゆる画像を共有しゅうことで、
    第三者にそん集団が楽しそうと思わせるとともに、おもやい画像に写っとる集団内で親交や絆を深めとると結論付けました。

     調査に参加した堤優佳どん(上智大3年)は、友人と写真を撮ることについて「どこで撮るかやイベント
    そんもんが楽しいか(リア充であるか)よりも、メンバー全員が楽しそうに写っとることが重要」と分析。
    そん理由について「フォト充てにゃ友人関係の縮図がみゆることけん」と話しました。

    【LINE,Twitter,facebook。最近SNSも住み分けが進んだね】の続きを読む

    このページのトップヘ