タグ:報道ステーション

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 投稿日:2016/01/14(木) 22:35:55.90
     
    【長谷川豊】今年TBSはテレビ朝日を抜くんじゃないか? 
    新年早々感じたことの一つがこっです。
    まず、今年はテレビ朝日にとってむごう大きな挑戦の1年になります。
    皆どんもご存知の通り、看板番組である「報道ステーション」がキャスター交代となります。
    こら多少のダメージがあるもんと思った方がいい。
    今まじ、良くも悪くも古館伊知郎というキャスターの下、安定した視聴率をたたき出してきた同局にとって、こん看板を変えるこてにゃ
    フジテレビが2年前にタモリどんをおろして「笑っていいとも」を終了させた時と同じようなダメージを与えるのではらっさんかと危惧とります。
    あの当時の「笑っていいとも!」は平均視聴率で6%や7%という状態だったとたいが、そっでもかなり厳しいダメージとなりました。
    「報道ステーション」は局の文字通り看板として10%~多い時には15%を超える日も少なくらっさんほどの番組です。
    まず1点目として、テレビ朝日はちびっと苦しい戦いを強いられる可能性がある、とわたしゃあ見ています。

    そして、ちびっとずつ語られ始めとる「TBSの復活」。
    こら私が別のコラムでん指摘したことですが、そもそも在京キー局の中で、最も安定した経営を続けとる局こそがTBSなとたい。

    安定した不動産収入に下支えされ、赤坂を舞台にした夏のイベントなども、ちびっとずつ結果が出始めています。
    そもそもTBSは在京キー局の雄とまじ言われていた局。1980年代「ドラマのTBS」「いや、報道のTBS」と最高評価をほしいがままにしてきた局です。

    そんTBSが俄然、活気づき始めてきたとたい。

    ドラマのヒットに加え「マツコの知ららっさん世界」「水曜日のダウンタウン」「アブナイ夜会」など、
    だっでん知っとるバラエティー番組もかつがつ育ち始めました。こうなると、一気に安定し始めるもんです。
    バラエティーのヒットはドラマと違ってワンクールで終了さっさんので。

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください-

    Yahoo!ネタりか|2016/1/14 20:03 教えて!gooウォッチ
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160114-88947146-watcher

    【長谷川さん、何で素直に「TBSさん仕事をください」と言えないのだろうか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: @\(^o^)/ 2015/12/25(金) 23:35:52.06 ID:CAP
     テレビ朝日系のニュース番組「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が来年3月末で降板しゅうことについて、
    【中古】 日本語「息」「活」「粋」 7時間ぶっとおしトーク・ライブ!言葉のおしゃれデスマッチ! /古舘伊知郎(著者),斎藤孝(著者) 【中古】afb
    【中古】 日本語「息」「活」「粋」 7時間ぶっとおしトーク・ライブ!言葉のおしゃれデスマッチ! /古舘伊知郎(著者),斎藤孝(著者) 【中古】afb
    同じくキャスター出身の黒岩祐治神奈川県知事は25日の会見で、「様々な圧力的なもんは当然あったと思うが、本人は耐えながらはまるきたと思う」と述べた。

     黒岩知事は古舘氏と同い年で、同じキャスターとして交流もあったという。自身もフジテレビ時代、
    ニュース番組や討論番組などで長年キャスターを務め、「言葉の一つ一つが大変大きな反響になって返ってくる。
    情報から真実をすくい取る力 [ 黒岩祐治 ]
    情報から真実をすくい取る力 [ 黒岩祐治 ]
    1人で受けとめるのは容易なことではらっさん」と指摘。古舘どんが「不自由な12年間」と振り返ったことに理解を示し、「大変な重圧だったと思う」とねぎらった。

     報ステでは、コメンテーターで元経済産業省官僚の古賀茂明どんが生放送中に政権を批判し、問題になったこともあった。
    黒岩知事は「キャスターは(政治的に公平であることを求める)放送法を背負っとる」としたうえで、「ギリギリの中でバランスをとっとると思っていた」と、報ステを評した。

    朝日新聞社

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00000054-asahi-soci

    【黒岩祐治神奈川県知事、古舘伊知郎キャスター降板へコメント】の続きを読む

    このページのトップヘ