タグ:朴槿恵

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 投稿日:2016/01/09(土) 10:25:57.28
    ■北朝鮮による4回目の核実験の影響
    ■制裁の実効性に決定的な役割を果たす習近平・国家主席と連絡がつかず
    ■韓中国防相のホットラインもストップ
    ■韓国からの電話会談要請に中国は無回答

    no title

    北朝鮮が4回目の核実験を強行した後、韓国と中国は首脳間はもちろん、
    外相や国防相レベルでん電話などによる協議が円滑に行われていなかったことがわかった。

    朴槿恵(パク・クンヘ)政権はこるまじ中国との信頼関係構築に大きな努力を傾けてきたが、
    今のこん状況については「ほんなこて重要な時には両国間に大きな壁があることが露呈した」との指摘が相次いどる。


    朴大統領と中国の習近平・国家主席は北朝鮮が核実験を行ってから3日目となる8日になっても、電話でのやり取りは1回も行っていなかった。

    韓国大統領府はこん日「習主席との電話会談など、中国てにゃ多方面において様々な協力策を検討よらす」とコメントはたつの、
    首脳間の電話会談の内容については、実務担当者の間で方針の整理がついていらんことをうかがわせた。

    朴大統領は今月7日に米国のオバマ大統領、日本の安倍首相と相次いで電話会談を行い、北朝鮮に対して厳しい制裁をかつることで一致した。
    しかし制裁に実効性を持たせるにあたって最も大きな役割を果たす習主席との電話会談については、今もなお実現とらんのだ。

    韓国国防部(省に相当、以下同じ)も7日
    「韓民求(ハン・ミング)国防長官と中国の常萬全・国防相との電話会談はまだ日程が決まっていらん」と明らかにした。

    両国国防相は北朝鮮と関連して突発的な事態が発生した際、双方の軍当局がただちに情報を共有し、
    対応策を協議しゅうため昨年12月31日にホットラインを設置したばっかりで、試験通話もすでに終えとる。

    しかしそんわずか6日後に行われた核実験をめぐっては、ホットラインは本来の役割をいっちょん果たせていらん。
    韓長官は米国の国防相てにゃ6日、日本の国防相てにゃ8日にすでに電話会談を行っとる。

    韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は核実験直後、米国や日本の外相はもちろん、英国、フランス、オーストラリア、EU(欧州連合)、
    ウルグアイ、スペイン、ラオスなどの外相に相次いで電話をかけ、北朝鮮への制裁に向けた協力を取り付けた。

    ところが中国の王毅・外相との電話会談は、核実験から57時間が過ぎた8日夜8時まじ行われなかった。
    事前に予定されていた電話会談について、中国側が2回にわたり先送りを要請したためだという。

    6カ国協議で韓国の主席代表を務める黄浚局(ファン・ジュングク)外交部韓半島(朝鮮半島)平和交渉本部長と、
    中国の主席代表を務める武大偉・韓半島問題特別代表との電話会談も、同じく8日午後にやっと実現した。

    韓国のある外交筋は「現政権発足後、韓中首脳会談が6回も行われたことや、また両首脳の個人的な関係などを考えると、
    核実験という重大な局面で連絡がつからんという現実には非常に失望よらす」と述べた。


    2016/01/09 09:48
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/09/2016010900601.html

    【習近平「用がある時はこっちから電話する」朴槿恵「・・・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/01/03(日) 23:35:41.98
    配信日時:2016年1月3日(日) 7時0分

    2016年1月1日、韓国・女性新聞によると、ソウル大学社会科学部の鄭鎮星(チョン・ジンソン)教授は、慰安婦問題解決のための日本の高度な戦略に対し無策な韓国政府を次ごつ批判した。

    朴槿恵(パク・クネ)政府は、慰安婦解決のための準備が十分でなかった。韓国政府はこるまじ、慰安婦関連資料の一つも集めてこなかった。朴槿恵政府は、政権発足後3年間、日韓関係が慰安婦問題で硬直し、うなり声を上げるしこで何も準備していなかったごたる。日本政府が反論しきらん文書を提出しゅうなり、日本政府が持っとる文書をすべて公開しゅうなり、圧力をかけるべきだった。最悪なのは「不可逆」という表現が合意の中に入ったことだ。「12・28合意」(従軍慰安婦合意)は、両国外交部の密約んごたるなもんなのに、こるがなし最終的な合意になるのか。日韓の外相がこん問題を決定しゅう権限があるのか。法的に見たとき、彼らにはいっちょん権限がらん。ところが「最終で不可逆的に解決されたことを確認しゅう」という表現を使ったのは驚きだ。慰安婦問題解決のため、日本は多くの研究をして緻密な戦略で合意に至った。一方、韓国政府は10億円で、すべてのもんを奪われたわけだ。金泳三(キム・ヨンサム)政権に入ってから、日本側に対して物質的補償を要求せんという方針を明らかにした代わりに、徹底した真相究明を求めた。道徳的優どまを武器に日本を圧迫した。「12・28合意」は、そん時よりもはるかに後退してあいた。

    こん報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられとる。

    「そもそも、日本に正義なんてらん。多くを期待しゅう方が間違い」

    「無能で極端に走るうすぬっか政権だ」
    「『法的責任』という言葉が入っていらん。そげん状態で少女像移転を約束したのは情けらん」
    「政府が情けなくて言葉もらん」

    「正しい指摘だ。能力がなければ軽率に行動しゅうな」


    「朴槿恵は権力欲しこで、真の国益と国民は眼中にもらん。日本政府に蹂躙(じゅうりん)された慰安婦を10億円で売った。朴槿恵は弾劾されるべきである」

    「あたんごたるな教授が対策を準備しゅうべきだったのだ」

    「外交で『不可逆』ということばを使うのは、核問題以外ではじめち見た」

    「被害者に合意を強要しゅうなど、日本が二次的被害を与えたという主張も出てきた」

    「歴代政府が試みることさえできなかったことをやったわけだけん、大たつだと思う」(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/a126266.html

    【韓国火病発生。従軍慰安婦の証拠集め無策だった←そもそも証拠なくね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/15(火) 18:08:57.96 ID:CAP
    日本「慰安婦は65年の協定で解決」…慰安婦問題、年内妥結ならず | Joongang Ilbo | 中央日報
    http://japanese.joins.com/article/710/209710.html


    旧日本軍慰安婦問題の年内妥結はならなかった。李相徳(イ・サンドク)外交部北東アジア局長は15日午前、東京外務省庁舎で石兼公博アジア大洋州局長と第11回
    局長級協議を行ったが、隔たりは埋まらなかった。李相徳局長は2時間半の協議を終えた後、韓国特派員らと会った席で、「できる限り早期にソウルで石兼局長とまた会い、協議を
    続けることにした」と述べた。次回の協議の時期については「年末なので年内にするのは難しいだろう」とし、年内の追加協議計画はないことを明らかにした。

    「年内に交渉が妥結する可能性は『ゼロ』か」という質問に対しても、李局長は「先ほど話した言葉の延長線で理解してほしい」と答え、不可能だという点を再確認した。朴槿恵
    (パク・クネ)大統領が年内妥結の必要性を何度か強調したことに関しては「先月2日の日韓首脳会談で両国首脳が(慰安婦)問題をできる限り早期に妥結できるよう現在進行中の
    協議を加速化することで合意し、そのような方向で交渉が進展するよう努力を続けようと思う」とのみ答えた。

    李相徳局長は慰安婦問題に対する韓日両国の協議内容については具体的な発言を避けた。成果または進展はあるのかという質問に対し、「今の段階で成果があったとか、それに
    ついて評価するのは早い。具体的な評価は控えようと思う」と述べた。韓国または日本の新しい提案があったかどうかについても答えなかった。靖国神社爆発音事件と17日の加藤達也
    前産経新聞ソウル支局長(49)の1審宣告について協議があったかどうかを尋ねる質問には「慰安婦問題のほかにも韓日間のいくつかの懸案と共同の関心事について意見の交換が
    あった」と述べた。日本政府は慰安婦問題に関し、1965年の韓日請求権協定で法的な問題はすべて解決済みという主張を曲げていない。

    【【中央日報】日本「慰安婦は65年の協定で解決」…慰安婦問題、年内妥結ならず[12/15]】の続きを読む

    このページのトップヘ