1: 投稿日:2016/01/22(金) 18:15:13.55
廃棄食品不正転売 ダイコー会長「軽い気持ちで始めた」
01/22 17:36
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00314321.html

CoCo壱番屋の廃棄カツが不正に転売された事件で、愛知県の産廃処理会社
「ダイコー」の会長らが、廃棄食品の転売を始めたいきさつがわかってきた。

ダイコーの会長の弁護士によると、岐阜県の「みのりフーズ」との取引のきっかけと
なったのは、東日本大震災の風評被害で売れなくなった福島県産のジャコの転売で、
「ニチレイ」の冷凍食品についても転売したと話しているという。


また、転売は5年から6年くらい前から始めたとしたうえで、岐阜県のみのりフーズの
岡田さんと話しているうちに「廃棄処分されるものを規格外として流そうかとなり、
軽い気持ちで始めた。どちらから持ちかけたわけでもない。処理のための費用が
かからないし、実入りにもなる。本当に魔が差した」とも話しているという。

これに対し、みのりフーズの責任者は、ダイコーの会長から「買わないか」と
言われたと話している。

愛知・岐阜県警の合同捜査本部は、肉類販売に必要な営業許可を受けずにカツを
転売していた食品衛生法違反などの疑いで捜査している。

no title 【大村さーん、(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?ダイコーの大西社長とは農水省時代からのお付き合いですよね。】の続きを読む