タグ:SEALDs

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/12/26(土)22:40:59 ID:rhF
    【ニッポンの新常識】SEALDsだけんおかしい、との主張にわたしゃあ与さっさん (1/2ページ)
    2015.12.26

     今年、最後のコラムである。昨年11月に夕刊フジの集中連載「反撃せよ! ニッポン」を担当し、
    2月にこん連載がスタートした。そん後、「産経新聞」や「正論」「Voice」「新潮45」
    「WiLL」など、2015年は数多くの活字メディアに私の記事が掲載された。


     共著を含む書籍は4冊刊行され、『まだGHQの洗脳に縛られとる日本人』(PHP研究とこる)は
    12刷に突入した。各関係者には、こん場を借りてお礼を申し上げたい。

     在日米国人の視点が新鮮だったのろもんか。そるとも、「憲法9条こそが憲法違反」んごたるな
    発言が目立ったせいろもんか。ツイッターを中心に賛否両論、数多くの批評やご意見をいただいた。
    反応してくださった方々にもお礼を言いたい。

     ちびっと気になる反応が2種類あった。

     1つ目は、学生グループ「SEALDs(シールズ)」や、女優の吉永小百合どんの
    話題を取り上げたとき、私の主張に賛同しゅう側に多かったのだが、
    「何も分かららん学生(芸能人)が、政治や軍事の問題に口を出すな!」という趣旨の反応である。わたしゃあこるに賛同さっさん。

     発言者の職業や肩書、学歴、年齢、性別などの属性を気にしゅう人は、
    自分の中に明確な判断基準を持っていらん可能性が高い。有識者の主張は無条件で受け入れるなど、
    流されやすく、プロパガンダにだまされやすい。「誰の主張か?」ではなく、「主張内容は合理的か?」を検証すべきだ。

     2つ目は、主に私の主張に賛同さっさん側の意見だが、「昔のケントはあがんこてにゃ言わなかった」という反応である。

    続き ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151226/dms1512261000003-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151226/dms1512261000003-n2.htm

    【ケント・ギルバート「主張内容は合理的か?」を検討すべき】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 野良ハムスター ★ 投稿日:2015/12/14(月) 21:05:38.73 ID:CAP
    安全保障関連法に反対する若者団体「SEALDs(シールズ)」のメンバーらが14日、
    国会内で記者会見し、立憲主義や民主主義の実現に向けた具体策を提言する研究機関
    「ReDEMOS(リデモス)」を設立したと発表した。

    「市民のためのシンクタンク」にすることを目指すという。

    安保法制定で「憲法がないがしろにされた」と考え、来年春をめどに、
    違憲の法律を作らせないとする「立憲民主主義促進法案」を策定。
    与野党の政治家や市民に提案する。
    その後は安全保障や社会福祉など幅広いテーマに取り組む方針。

    no title

    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/213023

    【【SEALDs】シールズ、研究機関「ReDEMOS(リデモス)」設立 市民のためのシンクタンク目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 16文キック(香港)@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/13(日) 20:18:12.03 ID:/7hYOXN70
    no title

    no title

    no title

    【SEALDs五寸釘ほなみや中川えりな、最低賃金を1500円にあげろとデモで訴え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Ψ 投稿日:2015/12/13(日) 12:49:05.38 ID:0MLneYuM.ne
     安全保障関連法に反対し、国会前などで抗議を繰り広げた学生中心のグループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーを招いたトークイベントが十日、金沢市内であった。
    国際基督教大四年の元山仁士郎(もとやまじんしろう)さん(24)は「自分たちが生きたい社会にするためには声を上げるしかない」と強調。
    来夏の参院選でも憲法順守を訴え、活動する考えを表明した。

     市内で毎年、平和行進をしている市民グループ「ピースウオーク金沢」が主催。
    関係者ら約百人の前に、元山さんと武蔵野美術大一年の伊勢桃李(とうり)さん(19)が講演した。
    元山さんは参院選に向けて「安保法制に反対し、民主主義や憲法を守る候補者を支援したい」と説明。
    さらに「投票率を上げるため、投票所の増設を呼び掛けたい。各県の選管が決めることなので、石川県でも訴えかけてほしい」と参加者に促した。

     一年前に施行された特定秘密保護法から反対の声を上げてきた元山さんは、
    この一年に触れて「若者は政治に無関心と言われるが、考えて行動に移せる学生が大勢いる。
    大きな変化があった一年」と振り返り、伊勢さんは「政治を語ることが普通のことになるといい」と述べた。

     沖縄県宜野湾市出身で、沖縄の若者が中心の「シールズ琉球」のメンバーも兼ねる元山さん。
    宜野湾市長が米軍に返還した後に米軍普天間飛行場跡地を含む市内に大型テーマパークを誘致する考えを示し、
    政府も協力する考えを示したことについて「ただごまかしているだけ。跡地をどうするかは、おれたちが決めること。
    なんで勝手に決めるのか。でも、沖縄は自分たちで決められない。それがなぜか考えてほしい」と参加者に投げかけた。
    http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2015121102100007.html

    【【SEALDs的民主主義】普天間跡地を奏するかは俺達が決める 市長が勝手に決めるな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウT Sa03-utmc) 投稿日:2015/12/13(日) 16:00:39.28 ID:9/4U91ARa
    脱原発デモ見て考えた クールなデモの作り方

     今でこそ、デモなどの抗議活動は再び市民権を得つつある。その点だけにフォーカスしても、この夏の国会前
    デモには大きな意義があったと思う。だが当時、僕たちには、どこか得体(えたい)の知れない活動に見えていた。

     誰が参加しているのだろう。何がおこなわれているのだろう。その場の空気は? 行ってみたい気もするが、
    デモの中に入るハードルは決して低くはなかった。デモなどの「政治的な運動」は過激な意思表示と見られるのか、
    友だちの共感はなかなか得られなかったのだ。

     僕たちは考えた。デモをイベントと見てはどうか。奥田愛基ら数人の友人とフェイスブックに「脱原発デモを
    見に行ってみよう」というイベントページを立ち上げた。ポップなフライヤーも作って一緒にアップした。
    「行ってみようかな」という人たちがぽつぽつ集まり、ある金曜日、僕たちは官邸前に向かった。

     そこで僕は生まれて初めて、人の「力」を感じた。怒り、主張、切実な思い……。この国の主権者は自分
    たちだという意思は、今まで目にした何よりも力強く僕の目に映った。

     しかし同時に、掲げられたプラカードのデザインや色使い、集まった人が発するコールはどこか前時代的で、
    僕たちの目にクールには映らなかった。

     これじゃ若者は来ない。従来のプラカードやビラでは、現代の若者の心は動かない。だいたい、自分たちが
    行きたいと思えないデモに、友だちは絶対来てくれない。脱原発デモを見て僕らが学んだのは、それだった。

     僕らはデモをカッコよく見せる方法の研究に勤(いそ)しんだ。同世代の共感を誘い、参加してもらうには、
    ビラではなくオシャレなフライヤーだろう。グッとくる音楽も必要だし、クールな動画もほしい。なにより言葉。
    若者の心をつかむにはどんな文句がいいか。「よりキャッチーに、よりカッコよく」を常に意識した。

     僕たちのデモの特徴のひとつである「ラップ調のコール」は、そうした模索の末に生まれた。「自分たちの
    好きな音楽に揺れながらプロテストできたら、カッコいいし楽しいだろう」という発想からだ。真面目な抗議
    行動に「楽しい」という感情を持ち込むのはどうかという指摘もあるかもしれない。ただ、人間はつらいこと
    にはなかなか足が向かないものだ。若者に政治参加を促すのなら、重苦しく抗議をするよりも、明るく
    ポジティブにクールな主張をしたほうがいいに決まっている。

    http://webronza.asahi.com/journalism/articles/2015120200010.html

    【SEALDs「僕らのデモはキャッチーでクールでおしゃれでポジティブで楽しくてカッコよくて若者の心をつかむ」 [235429164]】の続きを読む

    このページのトップヘ